About Us

2012年、海沼の呼び掛けでプロとして活躍するカヌーン奏者3名が集まり、アラブ、トルコ地域の音楽を中心にカヌーンならではの音色とアレンジで活動している。

海沼 正利 (Masatoshi Kainuma)

ジャンルを越えて活躍するマルチパーカッショニスト。

リーダーグループ「Tumba Créole」をはじめ、世界の民謡を奏でる「ORINOVIVO」の音楽監督をつとめるなど、その活動は多岐にわたる。

1988年よりウード奏者・常味裕司氏と共にアラブ音楽の活動を始める。90年代初頭にカヌーンを独学ではじめ、同時期よりベリーダンサー・青木香葉氏の音楽監督を務める。

常味裕司氏リーダーのアラブ古典音楽楽団「Farha(ファルハ)」にカヌーンで参加。

2012年、カヌーン奏者3名による「Qanun.3」をスタート。
カヌーンでの録音は、NHK「新シルクロード」、NHK人形劇「新三銃士」、NHK人形劇「シャーロック ホームズ」、岡庭矢宵「セファルディ・ユダヤ 魂の紡ぐ歌」、小野リサ「ナイマ」など。

1998年トゥンバ クレオール1stCD、2005年ソロCDをそれぞれリリース。

海沼正利オフィシャルHP  http://www.office-batucada.net/index.html

鈴木 未知子 (Michiko Suzuki)
 

千葉県船橋市出身。洗足学園音楽大学打楽器コース卒業。国立音楽大学大学院修士課程修了。

マリンバ奏者として地元船橋を拠点に全国各地にて演奏活動を行っており、クラシック音楽コンサートを始め、小さなお子様向けの楽器作りワークショップから、高齢者を対象にした「マリンバで奏でる昭和のうた」などを企画し、演奏の場やジャンルは多岐にわたる。

アラビアの琴カーヌーンは2010年に独学で始め、トルコとエジプトにて研鑽を積む。

現在、日本で数少ない奏者として、古典音楽からベリーダンスショー、大使館の公式演奏、レコーディングやメディアなどでも幅広く活動している。

トルコ文化センターカーヌーン教室講師

公式ブログhttp://yaplog.jp/michi-mari/

増田 真吾 (Shingo Masuda)
 

2009年、エジプトにてアラビア琴カヌーンを始める。
エジプトでサーベル・アブドゥルサッタール氏に、チュニジアでジャメル・アビッド氏に、トルコでハリル・アルトゥンキョプリュ氏に師事。
日本最大級のベリーダンスイベント、東京イフティファールをはじめ、国内外のベリーダンサーとの共演を果たし、その他お祭り、フェス、NHKの番組、寺社仏閣などさまざまな場所での演奏を経験。
2016年、ギリシャへ初渡航、アテネでビザンティン音楽の基礎を学び、ギリシャ最大の島、クレタにあるラビリンス・ミュージカル・ワークショップでは世界的に有名なカヌーン奏者の一人であるギョクセル・バクタギル氏のセミナーに参加する。
現在、アラブやトルコなど地中海近辺の旋法音楽をベースにボーダーレスに活動中。

http://shingoqanun.tumblr.com/

https://www.facebook.com/shingoqanun/

  • youtube-square
  • Vimeo Social Icon

© 2023 by The Berkshire Trio. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now